スマルナ
アプリで診察、ピルが届く
インストール

アフターピルを飲んだ後の出血:避妊に成功したかどうか、どうやって分かるの?

2021/7/2


避妊に失敗した時に、頼れるのがアフターピル。お薬を飲んだ後、本当に避妊に成功したのか分からなくて不安な気持ちになってしまうこともあるかもしれません。 今回は、アフターピルを飲んだ後の「消退出血」の量とタイミングについて解説します。 ただ、避妊成功のサインと言われる消退出血ですが、出血の量やタイミングは人それぞれ。不正出血との判断も難しく、「出血が起きたから」といってそれが消退出血かどうかは見た目ではわかりません。 避妊に成功したかどうかは、服用から3週間後に妊娠検査薬で必ず確認をするようにしましょう。

消退出血とは

アフターピルを飲み、消退出血と呼ばれる出血があった場合は、一旦は妊娠が阻止できたと考えられます。
消退出血とは、生理と同じ仕組みで起こっているものです。

生理周期の中では、妊娠をしなかった場合、体内にある2つの女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)が減少するタイミングで子宮内膜が剥がれ落ち、生理が起こります。

アフターピルによる出血も原理は生理と同じです。アフターピルはピルの中でもお薬の中に含まれる女性ホルモンの量が多く、お薬を飲むことで体内の女性ホルモン量が上昇します。妊娠が阻止できた場合、アフターピルで摂取したホルモンが減少するタイミングで出血が起こるのです。

消退出血のタイミングは?

消退出血が起こるタイミングは、アフターピルを服用してから3日〜3週間後くらいです。
アフターピルを服用した時期など、出血のタイミングは服用した人によって異なりますので、出血があるまではリラックスして過ごすようにしましょう。

だいたいの人が生理予定日から1週間後までに消退出血を経験すると言われていて、次の生理予定日付近(予定日の3日前~3日後)のタイミングで出血が起こるケースが特に多いようです。

ただ、避妊に成功していても消退出血が起こらない方もいます

これってほんとに消退出血?

「出血があった!」と思っても、量が少なかったり、いつもの生理とはちょっと違う感じがして不安を感じる方も多いかもしれません。

出血の量はアフターピルを服用した時期によって異なり、個人差もあります。消退出血と不正出血を自分で見分けるのはとても難しいものです。

出血の有無で「避妊の成功」を判断せず、本当に避妊に成功したかどうかは、服用から3週間後に妊娠検査薬や病院を受診して確認しましょう
いつもの生理とは違う出血に「妊娠してしまったのかな?」と焦ることもあるかもしれませんが、一旦は服用から3週間経過した際の妊娠検査薬の結果を待ってくださいね。

消退出血後の生理

消退出血の後にくる生理は、お薬を飲んだ半分くらいの方が生理予定日より数日前後ずれるようですが、ほとんどは生理予定日の1週間後以内に起こります。

その後の生理は一般的には周期どおりに来るといわれていますが、妊娠しているかもという不安な気持ちがストレスとなり、それが原因で生理周期が一時的に乱れてしまうこともあるようです。

必ず妊娠検査薬を試しましょう

消退出血が確認できたら、ひとまず妊娠を阻止できたと考えられます。

ただ、消退出血と不正出血を見分けることはとても難しく、出血だけで避妊に成功したかどうかを判断しないようにしましょう。
出血があってもなくても服用から3週間経過した時点で必ず妊娠検査薬や、病院を受診することで、避妊の成功を確認してくださいね。

アフターピル服用から3週間後の検査薬の結果が陰性であっても、4週間経った時点で出血がない場合は、もう一度妊娠検査薬で確認するか、産婦人科を受診するようにしましょう。

アフターピル服用後の過ごし方

アフターピルを飲んだ後は、避妊に成功しているかどうか一刻も早く確かめたい気持ちになり、焦ってしまう方が多いかも知れません。

ですが、服用後の出血の様子から、避妊成功を判断することは難しいです。

服用から3週間が経過した時点で妊娠検査薬を試すか、病院を受診して確認しましょう。
焦る気持ちもあるかと思いますが、検査までの時間はゆっくりお風呂に浸かったり、好きな音楽を聴いたりと、なるべくリラックスして過ごすよう心がけてみましょう

まとめ

消退出血の量やタイミングは、人によって異なります。
出血があったとしても不正出血の場合があり、出血の様子から妊娠の有無を見極めることはできません。
服用から3週間経ったら必ず妊娠検査薬を試しましょう。

焦る気持ちもあるかと思いますが、お薬服用後はなるべくリラックスして自分の身体を見守りましょう。
「スマルナ医療相談室」では、無料相談で詳しくお話を伺っていますので、服用後に不安なときには、ぜひ一度相談してみてください!

この記事は参考になりましたか?
166人が参考になったと評価しています

自分の状態を相談したい場合は?

不安なこと、お悩みを薬剤師・助産師に直接相談することができます。