スマルナ
アプリで診察、ピルが届く
インストール

低用量ピルの正しい飲み方と飲み忘れた時の対処法

2021/3/3


低用量ピルは避妊や生理痛の改善など、さまざまな効果が期待できます。 でも、どうやって飲んだらいいんだろう、飲み忘れてしまったらどうしよう、と思う方も多いのではないでしょうか。 お薬の効果を最大限に得るためには、正しく服用することが大切です。 そこで今回は、低用量ピルの飲み方についてご紹介します。

低用量ピルの飲み方

低用量ピルは基本的に、「生理開始日から飲み始め、3週間毎日飲み、その後1週間休む」という飲み方をします。
この1週間のお休みの期間を「休薬期間」と呼びます。

21錠タイプと28錠タイプがある

低用量ピルは、服用開始から生理が来るまでの1周期ごとにシートが分かれており、下記の2種類のタイプがあります。

  • 1シート21錠で構成されるタイプ
  • 1シート28錠で構成され、偽薬(プラセボ)が含まれるタイプ


では、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。それぞれの飲み方も見ていきましょう。

21錠タイプ

21錠タイプのピルは、1シート分の21錠を飲みきって、その後7日間飲まない「休薬期間」を設けます。
この休薬期間中に生理(消退出血)が起きます。
7日間の休薬期間が終わったら、再び新しいシートの1つ目から飲み始めます。
これを毎月繰り返します。

28錠タイプ

28錠タイプのピルは、1シート分の28錠分を飲みきって、29日目は新しいシートの1錠目を飲むタイプ。

お薬を毎日飲み続けますが、シート最後の7錠を飲んでいる期間に生理が起きます。
実は、28錠タイプのピルでは、最後の7錠は「偽薬(プラセボ)」と言い、ホルモンの成分が入っていません
(色がホルモンの入っている「実薬」と異なっているものが多いです。)

偽薬は、飲んでも飲まなくても身体への作用は変わりません
偽薬を用意しているのは「飲み忘れを防ぐ」ためです。

ピルは毎日忘れずに服用することで十分な効果を得ることができるので、ピルを飲むのを習慣付け、休薬期間明けに飲み忘れがないようにするための工夫が最後7錠の偽薬なのです。
21錠か28錠かにするか迷った際は、28錠を選択するのが良いでしょう。

飲み忘れたとき

  • 1錠を飲み忘れた場合

24時間以内の飲み忘れに気づいたときは、気づいたときに飲み忘れ分の錠剤を飲み、次の錠剤も予定時間に飲みます。
1日に2錠飲む場合もありますが、問題はありません。
基本的に避妊効果は維持されますが、念を入れるなら1週間ほどコンドームなどの他の避妊方法を併用すると安心です。

  • 2錠以上を飲み忘れた場合

一度服用を中止し、次の生理がくるまで待ちましょう。

今回服用していたシートにお薬が残っていたとしても、そのシートは破棄して、次の生理がきたタイミングで新しいシートから服用を開始してください。

2錠飲み忘れてしまうと妊娠の可能性が高くなってしまうため、生理がくるまでは他の避妊方法を使用するかセックスを避けるようにしましょう。

飲み忘れの錠数が多くなるほど、不正出血が起こりやすくなるといわれているので注意が必要です。


  • 偽薬(プラセボ)を飲み忘れた場合

28錠タイプに含まれるプラセボ錠にはホルモンが配合されていないので、飲み忘れてしまっても問題ありません

飲み忘れた分は捨てて、通常どおり1日1錠服用しましょう。


まとめ

今回は低用量ピルの飲み方についてご紹介しました。
毎日飲まなければならなかったり、飲み忘れた場合の対処など、少し面倒ではありますが、きちんと飲むことができれば、ピルは高い効果が期待できるお薬です。
毎日規則正しく飲めるように心がけましょう。

医師監修:小林克弥先生

この記事は参考になりましたか?
54人が参考になったと評価しています

自分の状態を相談したい場合は?

不安なこと、お悩みを薬剤師・助産師に直接相談することができます。